飲食品メーカーのPrinces社が水産加工業者に対し漁獲戦略の重要性を主張

飲食品メーカーのPrinces社が水産加工業者に対し漁獲戦略の重要性を主張

This video is hosted by YouTube. In order to view it, you must consent to the use of “Marketing Cookies” by updating your preferences in the Cookie Settings link below.


クリス・シャーロック氏は、欧州最大手の飲食品製造、輸入、卸売りグルーのつである社の魚類持続可能性責任者です。同社は全世界で操業していますが、なかでもインド洋のモーリシャス島では大規模なマグロ加工施設を運営しています。シャーロック氏はこの動画のなかで、漁獲枠の設定などの漁業管理の意思決定を行うための事前に合意された枠組みである、包括的な漁獲戦略の高い重要性を論じています。これらの戦略は水産業界における予測可能性と安定性を高め、加工業者や顧客に対して水産資源の責任管理を保証します。