データの収集、送信、保存

正確で一貫性のある監視を可能にする頑健な基準

Pew.Feature.Listing.NavigateTo

データの収集、送信、保存
The Pew Charitable Trusts

概要

電子モニタリング(EM)プログラムの目的と構成を決定した後、漁業管理者は結果として得られるデータを 収集、送信、保存する方法について決める必要があります。各種監視テクノロジーを組み合わせることでプログラムのニーズを満たし、利用可能なリソースを最大限に活用できます。(図1を参照。)EMプログラムには、加盟国や漁船団間でデータ収集やレビューの実施の統一性を確保する頑健な基準を含めるのが効果的です。

データ収集の基準

プログラムの目的に合わせてテクノロジーの基準を定めることで、すべての漁船は必要なデータを正確かつ一貫性のある方法で記録し、情報を一定の方法で共有、レビュー、監査できます。早期にベンダーと協力するこ とで、基準を満たすために必要な柔軟性が確保でき、最先端のテクノロジーの導入も可能になります。地域漁業管理機関(RFMO)でも最低基準を定期的に見直し、イノベーションを推進します。

ビデオ記録の取得と送信

漁船のEMシステムでデータを収集した後は、転送してレビューと分析を行う必要があります。データは3種類の方法で適切な機関に転送できますが、それぞれコスト、信頼性、対応時間は大きく異なります。(表1を参照。)RFMOはビデオ記録の標準フォーマットを定めることにより、ビデオ記録の取得と送信のコストを下げることができます。

図2は、EMデータ経路に適合するデータ取得方法の一例を示しています。

データ保存

RFMOはレビュー実施後にビデオ記録を保存する場所、方法、および期間についての基準を策定します。スト レージについてはEMプログラムの目標と監視記録を必要とする人がどのくらいの頻度で、またどのような目 的でアクセスするかに基づいて判断します。ストレージシステムの設計は、EMプログラムが全国的に実施されるか、RFMO全体で実施されるか、漁業者がEM記録の写しを受け取って独自に使用できるようにするかにも 依存します。

ビデオ記録はプログラムの目的と基準に応じて、漁業活動全体の映像から主な漁業イベント(積み替えなど)のビデオ静止画像に至るまで、さまざまな種類があります。レビューしたビデオ記録は削除するか、無期限に、または一定期間保存できます。図3は、EMプログラム設計者のためのいくつかの指針とデータ保存に関する検討事項を示しています。

まとめ

データの収集、取得、保存の基準を設定することで、ビデオ記録の将来的な取扱いについて明確な方向性が得 られ、システムの相互運用性と監視の透明性が高まります。これらの検討事項は、RFMOが、重要な漁業についての管理の改善をサポートするデータを確実に入手し、結果的に長期的な持続可能性を確保するのに役立ちます。