Pew財団海洋保全フェローシップについて よくある質問

Pew財団海洋保全フェローシップについて よくある質問
Camille Le Guen

Pew海洋保全フェロープログラムでは、質の高い研究を生み出し、連携して海洋問題に取り組む専門家のグローバルなコミュニティーを形成することにより、海洋の健全性の改善を目指しています。このプログラムは、高い学位と優れた実績に加え、海洋保全に対するコミットメントを有する中堅科学者やその他の専門家から選ばれた者に対してフェローシップを提供するものです。このイニシアチブを通じて、The Pew Charitable Trusts(Pew財団)は、39ヵ国の180名を超える専門家を支援してきました。

Q.フェローシップはどのような仕組みになっていますか?

A.Pew海洋保全フェロー1名につき、3年間で計15万米ドルの助成金が授与され、世界の海洋の保全と持続可能な利用を推進するために、問題の本質を捉えた成果、新たなツール、あるいは革新的な手法を生み出す研究プロジェクトを完了できるよう支援しています。

受賞者は、年次会合をはじめとした各種行事を通じて、他のフェローと情報を交換し、連携する機会を得ることができます。フェローシップは1996年から毎年授与されており、コミュニティーは拡大を続けているので、これらの活動は、強力な専門家ネットワークの発展を支え、フェローたちが海洋保全分野のリーダーとしての自身の立ち位置を確立していく助けとなります。

Q.Pew財団はフェローをどのように選考しているのですか?

A.Pew海洋保全フェローシップには、推薦された候補者のみが応募できます。

例年、Pew財団は、まず海洋保全問題に取り組む卓越した個人を指名するために、海洋保全分野の第一人者のチームを選出します。次に、推薦を受けた個人のうち要件を満たす者に対して、これまでの経歴や実績と、3ヵ年計画のプロジェクト提案書を含む申請書を提出するよう、Pew財団内部のチームが依頼します。

さまざまな地域の多様な問題についての知識を持つ専門家から成る独立した国際選考委員会が、申請書類を審査したうえでフェローシップ受賞者を推薦します。候補者の審査は厳格であり、非常に競争率の高い選考となっています。 

候補者は、過去の研究およびその他の業績、リーダーシップ、問題解決能力、自らの研究が環境保全に与えられる影響を高めることへの関心などについて評価されますが、何よりも提案プロジェクト計画の内容についての評価が最も重視されます。

Q.Pew海洋保全フェローになる資格があるのは誰ですか?

A.高い学位を所持し、海洋保全研究に従事している中堅の自然科学者や社会科学者が、Pew海洋保全フェローの主な対象者となります。ただし、他の科学技術職および専門職であっても、関連する実績や経験を持つ優秀な候補者であれば考慮されます。

フェローたちは大学、独立研究機関、環境保全活動団体など、さまざまな組織に所属しています。

本プログラムは以下のような者は対象としていません。

  • 法的分析やロビー活動を主な職業とする者
  • 新聞社などマスコミ企業に雇用されているジャーナリスト
  • 現在、Pew財団から資金を提供されているコンサルタントや個人
  • 博士課程在籍者およびポスドク研究員  
  • 米国と国交のない国または米国の組織との金融取引を行うことができない国の出身者

個人は複数回候補者になることができますが、実際にフェローシップを授与されるのは一度に限られます。

Q.プログラムの詳細はどこで確認できますか?

A.Pew海洋保全フェローシッププログラムおよび過去のフェローについて、もっと知りたい方は、Pew財団のウェブサイトをご覧になるか、[email protected]宛てのメールにて直接Pew財団スタッフにお問い合わせください。