世界のペンギンの保護

世界のペンギンの保護
PenguinOverviewFinal_Page_776_np.jpg

カリスマ性があり、奇抜な鳥であるペンギンに影響を受けた映画、書籍、漫画、スポーツチームもあります。ペ ンギンは世界的に見ても高い人気を誇るにもかかわらず、多くのペンギン種の個体数は減少しており、その原 因の多くは人間にあります。

南半球は様々な体長や外的特徴を有する18種類のペンギンの生息地ですが、全てのペンギンに共通の特徴が あります。34キロ、1.2mもある南極の皇帝ペンギンから、900g、40cmしかないオーストラリアやニュージーラン ドのコガタペンギンまで、ペンギンは他の鳥とは大きく異なる特徴を有しています。すなわち、ペンギンは飛ぶ ことができません。ただし、泳ぎは大の得意です。なかには、500m(1640フィート)の深さまで潜り、20分間も潜 水できる種もいます。ペンギンは陸の上を集団でぶらぶら歩行することで知られていますが、なかには頻繁に 崖によじ登り、毎年何百マイルも氷の上を歩いたり、滑ったりしながら移動する種もいます。また、ペンギンは陸 上と海中での生活に適応しています。特徴的な黒白の配色のため、ペンギンは背中やお腹を海や空の色に合 わせることでカモフラージュし、捕食者から身を守ることができます。

何百万年以上も、ペンギンは困難な条件や多様化する生態系に適応してきました。しかしながら、現在は、環境 汚染、管理されていない漁業活動、生息地の劣化などの人為的影響により、凍てつく南極大陸から温暖なガラ パゴス諸島にいたるまで、全てのペンギンの個体群が影響を受けています。しかしながら、世界的に見ると、ペ ンギンの第一の脅威は気候変動です。国際自然保護連合(IUCN)によると、大多数のペンギン種の個体数が減 少傾向にあります。そして、ペンギンが置かれた状態の健全性は、より大きな環境問題の前兆でもあります。ペ ンギンは海洋全体の健全さを測る指標となっています。ペンギンの個体群に変化が起きれば、それは同じ海域 に生息する他の種にも問題が発生していることを示唆します。.

今こそ、シンボル的な種であるペンギンと全人類にとって極めて重要なこの海洋を守るときです。

The front facade of the Supreme Court of the United States in Washington, DC.
ian-hutchinson-U8WfiRpsQ7Y-unsplash.jpg_master

Agenda for America

Resources for federal, state, and local decision-makers

Quick View

Data-driven policymaking is not just a tool for finding new solutions for emerging challenges, it makes government more effective and better able to serve the public interest.