動画:水産業界における全世界の利害関係者が漁獲戦略の早急な実施を要求

革新的な管理手法が水産事業の成功の鍵を握る理由を各界の専門家が説明

動画:水産業界における全世界の利害関係者が漁獲戦略の早急な実施を要求

世界の水産資源の効果的な長期管理には、科学、利害関係者の関与、そして高度な計画が求められます。漁獲戦略として知られる革新的なアプローチはこれらの要素を結び付け、漁業管理者に、科学に基づく資源の予防措置を決定するための枠組みを提示します。管理方式とも呼ばれる漁獲戦略は、漁業の長期的な持続可能性と収益性の促進を目標とするルールの制定を促し、論争の的となってきた毎年の割当交渉を不要にします。これにより、種の保全と漁業の社会経済的次元の両面で、管理者や利害関係者が管理目標間のトレードオフのバランスを取れるようになります。またこの手法により、変化が激しく不安定な漁業経営の環境を、科学者がより正しく検討できるようになります。

ピュー・チャリタブル・トラストはこの動画シリーズで、加工業、小売業、科学者を含む広範な市場利害関係者に対して、地域漁業管理機関(RFMO)による漁獲戦略をより深く理解し、実施を求める理由を説明しています。

OUR WORK

The front facade of the Supreme Court of the United States in Washington, DC.
ian-hutchinson-U8WfiRpsQ7Y-unsplash.jpg_master

Agenda for America

Resources for federal, state, and local decision-makers

Quick View

Data-driven policymaking is not just a tool for finding new solutions for emerging challenges, it makes government more effective and better able to serve the public interest.